おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!

おしりにいぼが出来た時の対処法やおすすめケアアイテムなど、わかりやすく解説していきます。

肩や背中のつぶつぶも除去できる?

肩や背中もスキンケアが必要

肩や背中のつぶつぶも除去できる?いぼはおしりだけでなく、体中のあらゆる部位に発生します。おしりのいぼ除去クリームは肩や背中にも利用できるのでしょうか?肩や背中にできるものの原因にもよりますが、似たような症状であれば効果が期待できるかもしれません。

できものの種類は似ており、がんなどの腫瘍や粉瘤などでなければ、日ごろのスキンケアはむしろ不可欠だからです。肩や背中にもクリームを塗り、刺激で負荷のかかった皮膚を休ませるようにしましょう。そもそも、背中や肩につぶつぶができるのはなぜでしょうか?

ニキビや粉瘤かも

ニキビはその代表的な原因です。ニキビは顔に出来るものという認識は広まっていますが、体中に出来る可能性があるのです。ただし顔と違うのは「アクネ菌」によってニキビができるわけではなく、「マラセチア菌」というカビの一種が行う、皮脂分解作業が引き起こす炎症がほとんどの原因と考えられています。

体は乾燥に対処するために皮脂を分泌しますが、その皮脂が多すぎたり毛穴に詰まったりするとニキビとなり、中で炎症が発生します。背中は皮脂の分泌量がもともと多く、ニキビが出来がちな箇所です。その上、目の届かない場所でもあるためスキンケアを怠りやすいというデメリットもあります。

あるいはお風呂で体を洗う時にごしごしとこすってしまいやすい箇所でもあり、手が届かないようで、何かと肌が刺激にさらされる場所なのです。クリームを塗ることで保湿に努め、肌が乾燥しないように守ることが大切です。

しかし、そのしこりはもしかすると粉瘤ふんりゅう」という症状かもしれません。粉瘤は皮膚の下に嚢胞のうほうという袋状のものができ、そこに老廃物が溜まって膨らんでしまう症状のことです。

腫瘍ではないため、放っておいても害はないものの、完全に治そうとするとちょっとした手術が必要になる症状です。

ストレスが原因の場合も

肩や背中にできものがあると、何かと不快なものですが、それがニキビやストレス性の発疹である場合はとにかく休息や正しい生活習慣が必要となります。よく知られてるように、人の体は繊細で微妙なバランスの上に成り立っています。

ストレスというと言い訳がましく聞こえるかもしれませんが、人の寿命を縮め、数多の事件や事故を起こす原因でもあるのがストレスです。それほど精神バランスが体に物理的に及ぼす影響が大きいということです。

ニキビなどでも軽く見ずに、スキンケアを行ったり、生活の予定を見直すなどを意識的に行い、健康を維持するようにしましょう。


  • TOP