おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!

おしりにいぼが出来た時の対処法やおすすめケアアイテムなど、わかりやすく解説していきます。

肌に合うか確かめてからまとめ買いしよう

肌チェックは必須、できれば公的機関で

肌に合うか確かめてからまとめ買いしよう化粧品の難しいところは、価格や効果以上に個人差が影響を及ぼすということにあります。

一般人には手の届かない非常に高額で効果の実証された化粧品だとしても、それが自分の肌と合わなければ何の意味もありません。それなら、効果は薄くても、無用な肌トラブルを起こさない化粧品を継続して使用する方がむしろ健康的です。

自分の肌質のチェックは、手軽にできるようになっています。皮膚科を受診して専門の医師に診てもらうか、自分の肌の特徴が分かっていれば、インターネットなどのアンケート回答である程度調べることが可能です。より正確なのは皮膚科などの医療機関で、化粧品メーカーよりも信憑性がある場合も少なくありません。

化粧品メーカーはあくまで化粧品ですが、医療を扱う国に認可された公的機関は、法的基準を満たした水準で診察を行うことが可能だからです。

普通肌と乾燥肌

肌の質には大きく分けて4種類があります。

普通肌」は、理想的な本来の強さを保った肌の状態です。肌には水分も油分もある程度必要ですが、普通肌はそのバランスが良く、肌トラブルにも強いのが特徴です。

ストレスや生活習慣により一時的にトラブルを抱えることはあるものの、肌が健康で回復力を持っているため、程度も酷くはならず治りやすいという強さがあります。しかし、やはり前述のように、環境次第で肌質が変わってしまう可能性を含んでいるため、油断せずにスキンケアを続けることが大切です。

乾燥肌」の方は、いつもかゆみやツッパリ感を感じ、苦労されていらっしゃることでしょう。肌の水分も皮脂も不足しており、常に保護機能が欠けている状態です。

見た目はきめ細かいようにも見えますが、柔軟性や吸湿性がなく、化粧品が粉を吹いたり、過敏で刺激や痛みを感じたりすることもあります。

脂性肌と混合肌

脂性肌」は皮脂が多く、いつもテカリやべたつきのある状態の肌です。毛穴が開いており、人によっては水分量も過剰な場合があります。雑菌が繁殖しやすい状態であるため、アクネ菌によるニキビや吹き出物が出来やすいのが特徴です。

あるいは乾燥と油っぽさの両方を持つ「混合肌」もあります。一部はかさかさで一部はテカリがひどく、油っぽいのにかさつくような状態です。皮脂の分泌が多い場合に見られ、肌のバランスが失われています。

残念ながら、こういった特徴を考えずに化粧品を購入してしまうと、効果がないばかりか、悪化させたり肌荒れの原因となる可能性があります。肌質を確認してから商品を購入するように心がけましょう。


  • TOP