おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!

おしりにいぼが出来た時の対処法やおすすめケアアイテムなど、わかりやすく解説していきます。

おしりのいぼについて

  • おしりのいぼ 切れ痔とは?

    おしりのいぼはいぼ痔やウイルス性疣贅(ゆうぜい)である可能性がありますが、切れ痔はいぼのような形にならないため、異なるものと見たほうが良いでしょう。 切れ痔は便秘しがちな方や慢性的な下痢に悩んでいる方に起こりやすいと言われています。 ここでは切れ痔の原因と症状、治療法を説明していますので、ぜひ参考にしてください。 切れ痔の原因とは? 切れ痔の主な原因は、硬い便を排便する際に肛門周囲の皮膚が避けるこ続きを読む

    おしりのいぼの粉瘤とは?

    おしりのいぼの一種に挙げられるのが、粉瘤です。 粉瘤は皮膚腫瘍のひとつであり、表皮嚢腫(ひょうひのうしゅ)とも呼ばれます。 粉瘤は痔やウイルス性いぼと異なり、放っておいても特に問題はありませんが、自然に消えることはありません。 ただ、おしりに粉瘤がある場合、体重がかかって粉瘤がつぶれてしまい、炎症などを引き起こす可能性がありますので、皮膚科で治療したほうが良いでしょう。 ここでは粉瘤の原因と症状、続きを読む

    おしりのいぼは手術が必須?

    おしりのいぼの種類によっては、肛門科での手術が必要なものもあれば、手術を受けずに治療できるものもあります。 おしりのいぼには内痔核や血栓性外痔核、粉瘤などがありますが、これらのいぼは手術が必要なのでしょうか? 以下で内痔核、血栓性外痔核、粉瘤に手術が必要なのか説明したいと思いますので、ぜひご参考ください。 おしりの内痔核と手術 おしりの内痔核は、基本的には手術を受ける必要がありません。生活習慣の改続きを読む

    おしりのいぼの治療法は?

    おしりのいぼと言ってもさまざまな種類がありますが、中には手術が必要ないぼがある一方で、生活習慣の改善で治る可能性があるおしりのいぼもあります。 ただ、生活習慣の改善だけで治る可能性があるおしりのいぼでも、そのまま放っておくと手術による治療法が必要となることもありますので、なるべく早めに皮膚科の医者に診てもらったほうが良いでしょう。 ここではおしりのいぼの代表的な種類とその治療法について説明します。続きを読む

    おしりのいぼ 痔核の原因、症状、治療法は?

    おしりのいぼにはいくつか種類がありますが、そのひとつに挙げられるのが痔核です。 おしりの痔の中でも痔核はもっとも起きやすい痔とされています。 痔核には内痔核と外痔核とがあり、いずれも血液の流れが大きな問題とされているようです。 ここでは痔核の原因や症状、治療法を説明しています。 痔核の原因とは 痔核の主な原因は、血流が滞ることで一か所に堆積することとされています。 血流量が高まる妊娠・出産期の女性続きを読む

    おしりのいぼが肛門にあるときの対処法

    おしりのいぼが肛門や肛門周辺にある場合、痔である可能性があります。 さらに排便時に痛みがあったり、出血が見られると、痔の可能性が高いと言えるでしょう。 ここではおしりのいぼが肛門にある時の対処法を説明します。 おしりのいぼの種類は? おしりのいぼには、いくつか種類があります。 まずは肛門および肛門周辺にできる可能性がある代表的ないぼの種類を知り、それぞれの症状を把握しておきましょう。 切れ痔 切れ続きを読む

    おしりのいぼは痔?

    おしりのいぼは痔の可能性があります。 痔になると座るのも辛いですし、出血がある場合もあり、日常生活に悪影響を及ぼしてしまいますので、肛門科での早期治療がおすすめです。 痔であれば病院での治療したほうが良いでしょう。 ここではおしりのいぼが痔である場合の対処法を説明しますので、ぜひチェックしてください。 おしりのいぼが痔である時の症状は? おしりのいぼが痔である場合、肛門や肛門周囲に痛みや出血が見ら続きを読む

    おしりのいぼは何が原因?

    おしりのいぼは何が原因?

    刺激と生活習慣 おしりにいぼが出来ると何かと支障が出ます。座ったり寝転んだりするときだけでなく、服を着るときにも刺激や痛みを感じる可能性があり、治療の必要性が高い部位です。おしりのいぼの原因には何があるでしょうか? まず第一に、ニキビが挙げられます。ニキビといえば顔というイメージがありますが、ニキビは皮脂の過剰分泌と毛穴のつまりによって起こるため、皮脂腺があれば体中のどこにでも発生します。おしりは続きを読む

    おしりや腰のいぼ除去は優しく進めよう

    おしりや腰のいぼ除去は優しく進めよう

    刺激しないのが鉄則 いぼを見つけたら、どうしても早く取りたくなったり潰したくなるかもしれません。しかし、いぼの除去はその後のケアという面でも優しく進めるべきです。 いぼの原因は幾つかありますが、もしそれが粉瘤ふんりゅう(アテローム)だった場合、潰すのはよくありません。粉瘤とは、皮膚の中に嚢胞のうほうという袋ができてしまい、その袋の中に角質や皮脂が溜まっている症状のことです。粉瘤はウイルス性のできも続きを読む

    おしりのいぼがなくならない時は医師に相談

    おしりのいぼがなくならない時は医師に相談

    いぼがなくならない場合 さんざんクリームを試したりしても、一向にいぼがなくならない場合はどうでしょうか?その場合はやはり、皮膚科などを受診し、医師の正確な診断を聞くべきです。一定期間にわたって痛みや拡大がみられる場合は特にそうです。 それがニキビであっても、数や頻度が多かったり、痛みが激しいものの場合は、皮膚科に相談する方が良いでしょう。ニキビは自然に治るものの、生活習慣などに関して、ニキビを無く続きを読む


    TOP