おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!

おしりにいぼが出来た時の対処法やおすすめケアアイテムなど、わかりやすく解説していきます。

おしりのいぼについて

  • おしりのいぼは何が原因?

    おしりのいぼは何が原因?

    刺激と生活習慣 おしりにいぼが出来ると何かと支障が出ます。座ったり寝転んだりするときだけでなく、服を着るときにも刺激や痛みを感じる可能性があり、治療の必要性が高い部位です。おしりのいぼの原因には何があるでしょうか? まず第一に、ニキビが挙げられます。ニキビといえば顔というイメージがありますが、ニキビは皮脂の過剰分泌と毛穴のつまりによって起こるため、皮脂腺があれば体中のどこにでも発生します。おしりは続きを読む

    おしりや腰のいぼ除去は優しく進めよう

    おしりや腰のいぼ除去は優しく進めよう

    刺激しないのが鉄則 いぼを見つけたら、どうしても早く取りたくなったり潰したくなるかもしれません。しかし、いぼの除去はその後のケアという面でも優しく進めるべきです。 いぼの原因は幾つかありますが、もしそれが粉瘤ふんりゅう(アテローム)だった場合、潰すのはよくありません。粉瘤とは、皮膚の中に嚢胞のうほうという袋ができてしまい、その袋の中に角質や皮脂が溜まっている症状のことです。粉瘤はウイルス性のできも続きを読む

    おしりのいぼがなくならない時は医師に相談

    おしりのいぼがなくならない時は医師に相談

    いぼがなくならない場合 さんざんクリームを試したりしても、一向にいぼがなくならない場合はどうでしょうか?その場合はやはり、皮膚科などを受診し、医師の正確な診断を聞くべきです。一定期間にわたって痛みや拡大がみられる場合は特にそうです。 それがニキビであっても、数や頻度が多かったり、痛みが激しいものの場合は、皮膚科に相談する方が良いでしょう。ニキビは自然に治るものの、生活習慣などに関して、ニキビを無く続きを読む

    おしりのいぼの種類によっては皮膚科のケアが必要

    おしりのいぼの種類によっては皮膚科のケアが必要

    クリームが効かない!? おしりのいぼによってはクリームでは効果がなく、皮膚科に通ってふさわしい治療を受ける必要があります。「粉瘤(ふんりゅう)」のケースを考えてみましょう。 粉瘤とは、皮膚の下に嚢胞のうほうという袋が出来てしまい、そこに膿や老廃物が溜まってしまう症状のことです。ニキビにも似ていますが、嚢胞が形成されるという点で異なり、ニキビのように自然に消えてなくなるということはありません。 老廃続きを読む

    自分でケアできないいぼはどんなもの?

    自分でケアできないいぼはどんなもの?

    粉瘤ふんりゅう 自分でケアできないいぼの中に「粉瘤ふんりゅう」が挙げられます。粉瘤とは、皮膚の下に小さな嚢胞のうほうが出来ることで老廃物が溜まり、内容物を包んだ嚢胞が大きくなってしこりやいぼのように見える症状です。 おしりにはニキビも出来ることがあり、ニキビは自分でケアすることが可能なものの、粉瘤の場合は話が違います。粉瘤はニキビよりも大きくなるのが普通で、大きいもので3センチ以上にもなります。 続きを読む

    思春期のおしりのイボは何が原因?

    思春期のおしりのイボは何が原因?

    それはニキビかも? 思春期に出来るおしりのいぼは、何が原因なのでしょうか?個人差はあるものの、やはりニキビである可能性が非常に高いでしょう。ニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まることで発生します。 「アクネ菌」という言葉をお聞きになったことがおありと思いますが、そこにアクネ菌が繁殖することで大きくなっていきます。おしりは皮脂腺が顔や背中ほど多くないため、ニキビが出来る可能性は低いものの、おし続きを読む

    ほくろのように膨らむおしりのいぼはガンかも?

    ほくろのように膨らむおしりのいぼはガンかも?

    いぼがガンの可能性もある? いぼと思っていたものが、実はいぼではなくガンだった、というケースも少数ながらあるようです。無論それに先立って様々な症状が現れるため発見は少し容易なはずですが、中には痔ろうと思って長年薬を買い続けていた人や、かゆいから掻いている盛り上がってきたなどという体験をする人もおり、ガンの特徴について知っておくのは大切です。 肛門周辺に出来るような場合、それはもしかすると大腸ガンか続きを読む

    おしりや腰のつぶつぶは擦り取っても大丈夫?

    おしりや腰のつぶつぶは擦り取っても大丈夫?

    基本的にはNG おしりや腰に小さいいぼのようなつぶつぶが出来た場合、指で擦り取っても良いのでしょうか?小さいからとついやってしまいそうになりますが、症状の内容によって、あるいはスキンケアの観点から考えると、基本的に潰したり強く触るのはNGです。 ニキビでも潰してしまうと跡が残り、症状そのものも長引く可能性があります。おしりや腰にニキビが出来ることは稀ですが、それでも自然になくなるようになるまで、触続きを読む

    自分の肌質をチェックする方法

    自分の肌質をチェックする方法

    普通肌 自分の肌質を知ることは非常に重要です。どんなに高価で優れたクリームあるいは化粧品でも、肌質に合わなければそれは使用に耐えるものとはなりません。 自分の肌質をチェックするには、皮膚科などで専門の医師による診察を受けるか、インターネットで簡単に出来るテストを行ってみましょう。より確実なのは医師の目視による診察ですが、自分の肌の特徴さえ分かっていれば、インターネットのテストも有効に利用できます。続きを読む


    TOP