おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!

おしりにいぼが出来た時の対処法やおすすめケアアイテムなど、わかりやすく解説していきます。

おしりのいぼ対策クリームの主な成分は?

万能の「水」

おしりのいぼ対策クリームの主な成分は?クリームの主成分は何でしょうか?当サイトでご紹介する、クリームに共通してベースとなっているのは、水とグリセリンです。水をベースとする分肌に馴染みやすく、オイルをベースとするものより、べたつきや油焼けのデメリットがありません

水ベースのクリームは、肌への刺激も少なく、オイル系より負担の軽い使い心地となります。そしてその次に多いのがグリセリンです。グリセリンは非常に広範囲に用いられるアルコールの一種で、化粧品だけでなく医薬品や食品にも使われています。

食品の場合、乾燥防止のためや柔らかさを出すため、あるいは甘味料としても働きます。そんなグリセリンの特徴とは何でしょうか?

「グリセリン」は化粧品に理想的

グリセリンは低温でも固体化しにくいのが特徴です。グリセリンを配合することで、特に液状・クリーム状を保たなければならない化粧品を、常温や低温で維持することができます。

ヒアルロン酸などと合わせて配合されることが多く、化粧品そのものの滑らかさや液体化にかなり貢献しています。グリセリンは、水に溶けやすくなじみやすいのもその特徴の一つです。

クリームには大抵水を主成分としてグリセリンが配合されており、それで滑らかさとクリーム感をキープしています。吸湿性もあるため、乾燥しにくく、化粧品のようにかなりの期間使うものでも耐久性を発揮します。

吸湿性は肌への効果という点でもメリットとなり、保湿作用によって化粧品やクリームとして理想的な機能を備えています。前述のヒアルロン酸やコラーゲンと組み合わせると保湿効果はさらに高まり、手に取った時の伸びや滑りも非常に良くなります。

こういった特徴から、乾燥肌に使用するスキンケア製品にも多く配合され、危険性や毒性の低さとも相まって広範囲で使用されています

意外と多い「グリチルリチン酸」

その他配合されている成分にも触れておきましょう。「グリチルリチン酸2K」は、甘草かんぞうと呼ばれる、漢方にも使用される植物の根や茎から抽出した成分で、単にグリチルリチンと表記されることもあります。

甘草はマメ科の植物で、ハーブやお茶としても需要があります。このグリチルリチン酸には、抗炎症効果や抗アレルギー効果、解毒作用などの健康効果があり、肌のケアには持って来いの特徴を備えています。

肌を日焼けや刺激などから生じる炎症から守る効果が期待され、これも多くの化粧品に含まれる成分です。その他独自成分を配合し効果を謳うクリームや化粧品は数多くありますが、ベースは主にこういった成分から成り立っています。


  • TOP