おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!

おしりにいぼが出来た時の対処法やおすすめケアアイテムなど、わかりやすく解説していきます。

おしりのいぼ除去クリームの効果を最大限発揮させるには

正しい使い方を守る

おしりのいぼ除去クリームの効果を最大限発揮させるにはいぼ除去クリームの効果を最大限発揮させるためにはどうすればいいのでしょうか?クリームをとにかく塗ればいぼがなくなると思いがちですが、いぼ除去はスキンケアと似ているということを忘れれないでください。

やり過ぎは肌荒れやさらなるいぼ増加の一因となり得るのです。基本的には書かれている用法を守るのが最善です。「ピンポン玉程度を手に取り」と書かれていればピンポン玉程度で収め、それ以上の塗布は避けるべきでしょう。

それ以外の表現であればそちらに従います。あるいは使う部位が指定されていますか?それとも「全身に使える」と表記されているでしょうか?そういった用法も守り、想定されている使い方を遵守してください。

塗り過ぎ、保湿し過ぎ

どんなに効果的なクリームでも、間違った使い方は効果を半減させるだけでなく、肌の状態を悪化させる原因になりかねません。例えばその内の一つに「保湿のし過ぎ」が挙げられます。保湿はスキンケアの大前提であるのに、肌にとって良くないのはなぜでしょうか?

乾燥を嫌うあまり保湿し過ぎると、肌の水分まで蒸発させてしまうことがあります。肌にはもともと保湿・吸湿機能が備わっていますが、それを超えてさらに水分を留めて置くことは出来ません。

過剰に付けた化粧水など溢れた分はもちろん空気中に蒸発していきますが、この時に肌の中の本来蓄えて置ける水分まで出ていってしまいます。たくさん蒸発している中で肌の水分だけは残るという理屈はないからです。

そうなると肌はむしろ乾燥気味となり、クリームや化粧水で乾燥対策しているのになぜ…という状態に陥ります。乾燥は肌荒れやいぼ・できものが増加する理由となります。あるいは保湿のし過ぎで雑菌が繁殖する不衛生な状態となり、やはり肌荒れの原因となるでしょう。

強く触ることも避けよう

いぼ除去の効果を狙うあまり、塗り込んだりこすってしまいたくなるかもしれません。しかしそれは逆効果です。いぼの原因や種類にもよりますが、刺激することは基本的に肌への負担となります。

それがニキビであれば、こすったり潰したりすることでさらなる悪化を招くことにもなりかねません。角質ケアでも削り取るような素材や方法が使われますが、せいぜい週2回までで収めるよう勧められています。

負荷や負担を無くすことが健康的な肌への近道であり、強く塗り込んだりこすることは逆効果でしかありません。以上のように、クリームを塗るにしても通常のスキンケアを行うにしても、優しく丁寧な作業を心がけましょう。


  • TOP