おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!

おしりにいぼが出来た時の対処法やおすすめケアアイテムなど、わかりやすく解説していきます。

定期購入に関する注意と対策

初回限定

定期購入に関する注意と対策便利な定期購入を利用するうえで、注意すべきポイントについて考えてみましょう。定期購入は、一度契約することで毎月などの頻度で自動的に商品が送られてくるシステムであり、気に入った商品を何度も注文しなくても買えるという利便性があります。

しかも大抵は、定期購入ならではの割引きや特典などが付属しており、普通に単品を一度買うよりもお得なのが特徴です。しかし便利であったり、割引きにつられて契約したものの、変更や返品などでトラブルを抱えるケースが多く、少しばかり複雑な問題となっています。

最も多いのは価格の見間違いです。価格面で嘘偽りを書くことは法律で禁じられており、どこも偽の価格情報を載せることはほとんどないにもかかわらず、「初回限定」という表記を見落とすがゆえにトラブルに発展することが多いようです。

「初回限定」「○○パーセント引き」という表記が大きく書かれるため、勘違いしやすいのも問題の一因となっています。

最低購入回数

最低○回の継続購入」という条件もトラブルの大きな理由です。特別な割引きをセットにしたりプレゼントなどの特典が付く条件として、定期購入には「最低○回の購入」を条件とする旨が記されています。

少数ながら縛りの無い商品やサービスを展開しているところもあるものの、定期購入・定期コースと名の付くものには、基本的に最低購入回数の条件があると思っていて間違いはありません。

この最低購入回数の条件を満たさずに解約した場合、何らかのペナルティーが発生する場合もあります。例えば今までの割引き額の支払いや、初回限定の特別価格と通常価格の差額の支払いなどです。

「何でいつまでも購入させられないといけないの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、最初から契約の内容が回数に関する条件を含んでおり、それに契約した時点で了承していることになります。

そして訪問販売や電話での営業とも違い、自分でインターネットを使って自分から契約している以上、消費者の責任が大きくなりクーリングオフ制度が適用されないという理由もあります。

キャンセル受付日

そのような縛りの制度がなくても、いつまでにキャンセルの申し込みをしなければいけないのかをきちんと確認しましょう。

キャンセル可能な商品だとしても、「商品到着の○日までに電話で」「支払いの○日前までに」などという条件があり、それにのっとってキャンセル手続きを行う必要があります。事前に契約内容を熟読し、納得の上で購入することが基本です。


  • TOP