おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!

おしりにいぼが出来た時の対処法やおすすめケアアイテムなど、わかりやすく解説していきます。

おしりや腰のいぼ除去は優しく進めよう

刺激しないのが鉄則

おしりや腰のいぼ除去は優しく進めよういぼを見つけたら、どうしても早く取りたくなったり潰したくなるかもしれません。しかし、いぼの除去はその後のケアという面でも優しく進めるべきです。

いぼの原因は幾つかありますが、もしそれが粉瘤ふんりゅう(アテローム)だった場合、潰すのはよくありません。粉瘤とは、皮膚の中に嚢胞のうほうという袋ができてしまい、その袋の中に角質や皮脂が溜まっている症状のことです。粉瘤はウイルス性のできものや腫瘍という訳ではなく、そのまま放っておいても問題はありません。

粉瘤の特徴として、「皮膚が丸く盛り上がっている」「真ん中に皮膚開口部の小さな黒い点が見える」「押すと白か黄色の膿が出る」といったものが挙げられます。皮脂腺があればそこにでも出来るため、おしりにもよく出来る腫れものです。

粉瘤の場合

前述のように、放っておいても健康上問題のない症状ではあるのですが、見た目が悪かったり座るたびに痛みを感じたり、あるいは潰れてしまって炎症になったりする可能性があるため、除去できるのであれば取ってしまうのが最善です。

この粉瘤の場合、最もおすすめなのは手術です。言い方を変えると、粉瘤と皮膚科で断定された場合には手術しか除去する方法はないでしょう。

間違っても潰さないようにしましょう。潰すと傷になるだけでなく、悪化やさらなる炎症拡大の原因となり得ます。粉瘤には嚢胞があることが最大の原因であり、それを除去しない限りはいつまでも老廃物が溜まってしまう「受け皿」があるためです。

粉瘤をきれいに取る場合は手術で切り取る必要があります。といっても大掛かりな手術ではなく、速ければ5分で終わるような手術です。

しかし粉瘤を潰してしまうと、細菌が入り込んで炎症を起こし、手術もすぐには出来なくなります。炎症や感染の除去が優先されるためです。

それ以外でも刺激は厳禁

それ以外のいぼの場合はどうでしょうか?クリームを使うにしてもその他の方法を試すにしても、とにかく刺激しないようにし、肌の負担を減らすべきです。刺激が加えられるといぼは成長してしまう可能性があります。

原因にもよりますが、炎症を起こしている場合は、直接触ったり潰そうとしたりすることで、炎症が拡大するかもしれないため、特に注意が必要です。細菌が入り込んでしまうと、さらなる悪化につながるためです。

クリームを塗る時ですら、強く擦り込むような塗り方は避けましょう。出来るだけ肌を刺激しないように塗布し、その後も基本的には触らないようにします。


  • TOP