おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!

おしりにいぼが出来た時の対処法やおすすめケアアイテムなど、わかりやすく解説していきます。

クリームの返品制度や返金規定まとめ

返品を考えるとき

クリームの返品制度や返金規定まとめいぼ除去クリームの返品・返金制度はどのようなものでしょうか?基本的には、各商品を取り扱う公式サイトを確認する必要があります。よく見られるのは、「肌に異常が出た場合返金を受け付ける」というものです。

全額返金保証などと謳われていても、それが異常があった場合のみ返金が可能なものなのか、効果に満足できないという理由でも返金を保証しているのか、などを確認するようにしましょう。定期コースでクリームを購入すると、ある程度の期間の縛りが付いてくることになります。

もちろん契約にはその旨が記されており、消費者はその内容を理解したうえで購入契約を結んでいることになります。しかし、いつかは購入をやめるものであり、購入先へ連絡して定期購入をキャンセルすることが可能です。

返品・返金は契約内容次第

しかし返品や返金となると、幾らか違いが生じてきます。満足できないという理由で一方的に解約可能なのか、それとも○ヶ月以上の購入後に解約可能などの特約があるのか、適用される条件を必ず確認してから購入しましょう

そもそも、定期購入は消費者がその期間は必ず購入するという契約を結んで行うものです。つまり、途中でやめたくなったからと言って解約するのは契約違反であり、最初から一定の期間購入することを約束してしまっている状態となります。

クリームや美容品となると個人差が大きいため、肌に合わなかったり発疹などが生じる場合があり、その旨を説明すると契約解除に応じてくれるかもしれません。

しかし、基本的には継続的に購入するのは消費者の責任であり、急な返品や返金要求はあくまでルールにのっとっていれば受け入れられるということを理解しておいてください。

クーリングオフは適用されない!

クーリングオフ制度などもあるのに、返金や返品がどうしてこんなにルールに縛られているのでしょうか?その理由は通信販売という買い物のスタイルにあります。特商法と呼ばれる法律で規定されている通信販売には、クーリングオフが適用されません

なぜなら、消費者は押し売りや契約を迫られたわけではなく、自分から進んで商品を見つけ、自分から契約に至っているからです。電話の勧誘とも違い、消費者の側から契約を結ぶタイプの買い物であるため、消費者の自主性を損なうものではないとして無条件で解約できるクーリングオフ制度はありません

返品についての記載がなければ、商品受け取り8日以内であれば解約できるものの、その費用は消費者負担となります。何かを定期購入する前に、必ず契約内容や規約をしっかり理解することが不可欠です。


  • TOP