おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!

おしりにいぼが出来た時の対処法やおすすめケアアイテムなど、わかりやすく解説していきます。

おしりのいぼクリームの使用期限は?

使用期限の意味

おしりのいぼクリームの使用期限は?いぼクリームの使用期限はどれくらいでしょうか?表記されているものをまとめると1~3ヶ月程度で共通しているようです。化粧品などは、特に使用期限を気にせず使用できるように感じてしまうかもしれませんが、期限内の使用や保存方法は意外なほど大切です。

日本では「薬機法(旧薬事法)」がすべての薬品や化粧品に適用されており、その中には、消費期限の表記を義務付けられている製品のカテゴリーがあります。

実はすべての薬品・化粧品が表記しなければならないだけでなく、「製造から3年以内に変質することがある化粧品」は使用期限を表記するようになっています。記載がなければ3年以内に変質することはまずありません。

一つ注意すべきは、3年以内か永遠かで分けられる訳ではなく、長持ちするものでも、いずれは変質や分離により使用にふさわしくない状態になり得るということです。加えて、3年以上持つものでも「未開封」と「適切な保管状態にあること」が条件での表記となっています。

酸化の弊害

おしりのいぼクリームに限らず、劣化した化粧品はどのような状態になってしまうのでしょうか?一つは酸化です。酸素との結合により変化する酸化ですが、化粧品などでも一度開封してしまうとその瞬間から酸化が始まります。

おしりのいぼクリームも例外ではなく、特に保湿や潤滑の目的で油脂成分が配合されているため、特に酸化の影響を受けやすいものです。この油脂成分は、酸素と結びつくことで過酸化脂質という活性酸素を生み出す物質へと変化してしまいます。

酸性が高い液体を肌に塗ることは、肌荒れを引き起こす原因となり、色素の沈着などの目につく害が発生することもあります。

雑菌の繁殖にも注意

その他気を付けなければならない点は、やはり雑菌の繁殖でしょう。人間だけでなく、生きて存在するということは細菌と生活しているということです。不可欠なものも有害なものもありますが、クリームなどの化粧品には大敵です。

クリームを使用する前に手を良く洗い、どれほど清潔さに気を付けていても、手で直接クリームを取ることで、細菌の侵入を許してしまいます。使い捨てのスプーンなどで毎回取るようにすると大丈夫かもしれませんが、そうでなう場合、基本的に雑菌が入ってしまうものと考えても間違いではありません。

短期間であれば問題ないものの、長期間使い切らずに放ったらかしにしてしまうと、細菌も繁殖してしまいます。こういった点から見ても、使用期限内に使い切ってしまうことは地味ながら大切な健康管理と言えるでしょう。


  • TOP