おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!

おしりにいぼが出来た時の対処法やおすすめケアアイテムなど、わかりやすく解説していきます。

おしりのいぼ 痔核の原因、症状、治療法は?

おしりのいぼにはいくつか種類がありますが、そのひとつに挙げられるのが痔核です。

おしりの痔の中でも痔核はもっとも起きやすい痔とされています。

痔核には内痔核と外痔核とがあり、いずれも血液の流れが大きな問題とされているようです。

ここでは痔核の原因や症状、治療法を説明しています。

痔核の原因とは

痔核の主な原因は、血流が滞ることで一か所に堆積することとされています。

血流量が高まる妊娠・出産期の女性や座りっぱなしの仕事をしている方、便秘がちな方、辛い食べ物やアルコールなどの刺激物を多く食べる方、ストレスが溜まっている方などに起こりやすいようです。

ちなみに、痔核はいぼのような形をしていることから、いぼ痔とも呼ばれています。

デスクワークをしている方は排便を我慢しがちな方、食生活が乱れている方は特に注意したほうが良いかもしれません。

痔核の症状とは

痔核の症状は、内痔核と外痔核とでことなります。

以下で内痔核と外痔核の症状を紹介しますので、ご参考ください。

  • 内痔核の症状
    内痔核の主な症状は、出血です。排便時に出血するケースが多いとされており、排便後にトイレットペーパーや下着に血液が付着することで気付く人が多いと言われています。そのまま放っておくと、肛門の外にいぼのような痔が出てくるのですが、そうなると痛みを伴います。

  • 外痔核の症状
    外痔核の症状は、内痔核と逆と言っても良いかもしれません。外痔核はほとんど出血が見られませんが、痛みを伴います。椅子に座るだけで肛門に圧力が加わり、痛みを伴いますので、日常生活に支障をきたしてしまうでしょう。

痔核の治療法とは

痔核の治療法は、初期段階では軟膏や内服薬などの薬物療法が行われます。

それでも改善しない場合、痔核をしばって切除する結さつ切除法による手術が行われることが多く、その場合は手術後数日間は入院して様子を見なければなりません。

また、レーザー療法などで痔核を取り除くこともあります。

なお、おしりのその他のいぼの治療法についてはこちらのページでまとめていますので、チェックしてください。

⇒「おしりのいぼの治療法は?」


  • TOP