おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!

おしりにいぼが出来た時の対処法やおすすめケアアイテムなど、わかりやすく解説していきます。

おしりのいぼ 切れ痔とは?

おしりのいぼはいぼ痔やウイルス性疣贅(ゆうぜい)である可能性がありますが、切れ痔はいぼのような形にならないため、異なるものと見たほうが良いでしょう。

切れ痔は便秘しがちな方や慢性的な下痢に悩んでいる方に起こりやすいと言われています。

ここでは切れ痔の原因と症状、治療法を説明していますので、ぜひ参考にしてください。

切れ痔の原因とは?

切れ痔の主な原因は、硬い便を排便する際に肛門周囲の皮膚が避けることです。

便秘が続くと便が腸内に詰まり、硬くなるため、切れ痔は便秘がちな方がなりやすいと言われています。

ちなみに、切れ痔は裂肛(れっこう)とも呼ばれています。

また、頻繁に下痢になる方も切れ痔になりやすいようです。

下痢は排泄物と水分が同時に勢いよく排泄されますが、その際に肛門周囲の皮膚が避け、切れ痔になってしまうというわけです。

切れ痔の症状とは?

切れ痔の症状として挙げられるのは、出血と痛みです。

排便のたびに出血と痛みを伴いますので、排便を我慢しがちになる方がたくさんいらっしゃるようですが、それだと便秘になり、症状は一向に改善されないでしょうし、場合によっては他の病気を引き起こしてしまう可能性も否定できません。

また、皮膚が避けたことでウイルスに感染し、悪化してしまう可能性も考えられますので、できるだけ早く肛門科で治療することをおすすめします。

切れ痔の治療法とは?

おしりの切れ痔の肛門科での治療法は、基本的には軟膏を塗ることになります。

また、それと同時に生活習慣や食事の見直しも行っていくことになるでしょう。

ただし、切れ痔を放っておくと潰瘍やポリープなどができてしまうことがあり、そうなると手術による治療が必須となることもあります。

なお、おしりの痔の治療法については、こちらのページでまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

⇒「おしりのいぼの治療法は?」


  • TOP