おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!

おしりにいぼが出来た時の対処法やおすすめケアアイテムなど、わかりやすく解説していきます。

おしりのいぼが肛門にあるときの対処法

おしりのいぼが肛門や肛門周辺にある場合、痔である可能性があります。

さらに排便時に痛みがあったり、出血が見られると、痔の可能性が高いと言えるでしょう。

ここではおしりのいぼが肛門にある時の対処法を説明します。

おしりのいぼの種類は?

おしりのいぼには、いくつか種類があります。

まずは肛門および肛門周辺にできる可能性がある代表的ないぼの種類を知り、それぞれの症状を把握しておきましょう。

  • 切れ痔
  • 切れ痔は、肛門の皮膚が切れて出血する状態の痔です。硬い便の排泄時などに肛門の皮膚が避け、出血の症状が出ます。特に便秘がちの方に起こりやすい痔と言われており、放っておくと炎症などにつながってしまう可能性があります。

  • 痔ろう
    痔ろうは、おしり内部が大腸菌などに感染して膿が溜まり、その膿が肛門の皮膚を突き破って出てくる痔です。いぼ痔とも呼ばれます。免疫力が低下している際に起きやすいと言われています。強い痛みを伴ったり、膿が下着に付着したりしますので、病院での治療が必須です。

  • 外痔核
  • 外痔核は、おしり付近の血流が滞ったことで血液が一部に固まることでできる痔です。いぼ痔とも呼ばれます。手で触れるとコリコリしており、痛みを伴います。

  • 隠れ痔
  • 隠れ痔は直腸にできる痔で、症状は特にありません。そのため、気付かないまま放っておくというケースが多いのですが、排便時など肛門に力が加わると、いぼが肛門付近まで出てきます。この時も症状はほとんどなく、そのままの状態が続くといずれいぼが肛門から出てきて痛みなどを伴うようになります。

痔は病院で治療しよう

おしりのいぼ、つまり痔は、病院での治療をおすすめします。

軽度の痔であれば生活習慣の改善などで完治する可能性があるのですが、痔ろうなど状態がひどいものは病院での治療が必須です。

ちなみに、痔ろうは手術によって治療することになりますが、他の痔は難航で治療することもあるようです。

痔じゃなくていぼだったら?

痔だと思っていたのが、実はウイルス性イボだったというケースがあるかもしれません。

痔とウイルス性イボは異なる原因によってできるものですので、治療法にも当然違いがあります。

当サイト「おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!」では痔の痔療法などをメインにお伝えしていますので、ウイルス性イボの治療法などについては記載していません。

ウイルス性イボの治療法などを知りたい方は、下記サイトに詳しく記載されていますので、参考にしていただければと思います。

⇒「首のいぼを治療するには?病院でしか治療できないの?」


  • TOP