おしりのいぼには艶つや肌を目指せるクリームがおすすめ!

おしりにいぼが出来た時の対処法やおすすめケアアイテムなど、わかりやすく解説していきます。

おしりのいぼは手術が必須?

おしりのいぼの種類によっては、肛門科での手術が必要なものもあれば、手術を受けずに治療できるものもあります。

おしりのいぼには内痔核や血栓性外痔核、粉瘤などがありますが、これらのいぼは手術が必要なのでしょうか?

以下で内痔核、血栓性外痔核、粉瘤に手術が必要なのか説明したいと思いますので、ぜひご参考ください。

  • おしりの内痔核と手術
    おしりの内痔核は、基本的には手術を受ける必要がありません。生活習慣の改善をはじめ、内服薬による治療だけで治る可能性があります。ただ、内痔核は痛みがほとんどありませんので、そのまま放っておくというケースが多く、そうすると時間の経過とともにいぼのような内痔核が肛門の外に出てくる場合があります。そうならないためにも早めに肛門科を受診した方が良いでしょう。

  • おしりの血栓性外痔核と手術
    おしりの血栓性外痔核は、内痔核と同じように手術を受ける必要はありません。生活習慣の改善や軟膏による治療法で完治を目指すことになります。ただし、血栓性外痔核が悪化した場合、いぼを糸などでしばって切除する結さつ切除法による手術が行われることがあります。手術を受けた場合、数日間は入院して経過を観察しなければなりません。

  • おしりの粉瘤と手術
    粉瘤は手術すべきものと放っておいても問題ないものとがありますが、おしり付近は体重がかかり、粉瘤がつぶれて中のウイルスが飛び散ってしまう可能性がありますので、治療した方が良いでしょう。おしりの粉瘤の治療は、基本的に手術で切除することになります。入院する必要はありませんが、完治まで定期的に病院に通い、経過を観察することになります。

手術後は痛みがある?

おしりのいぼを手術で治療した場合、数日間は痛みを伴います。

また、出血することもありますので、ガーゼや絆創膏などで患部を保護しなければなりません。

手術時の痛みについては、肛門科では麻酔が使用されますので、痛みを感じることはほとんどないでしょう。

ただし、麻酔が切れた後数日間は痛みを伴います。

なお、痔の種類や程度によっては手術をせずに治療できる場合があります。

手術を受けない治療法についてはこちらに記載していますので、ぜひチェックしてください。

⇒「おしりのいぼの治療法は?」


  • TOP